埼玉や東京のスケルトン工事・原状回復の株式会社フェイス

株式会社フェイスのスケルトン工事・原状回復は解体コストを削減します

自社の中間処分場で産業廃棄物を処分

解体工事の工事原価のうち産業廃棄物の処分費が約4割を占めます。一般的に現場で発生した産業廃棄物は処分業の許可を取得している業者へ処分を委託しなければなりません。フェイスグループ(株式会社フェイス)では現場で発生した産業廃棄物を、自社処分工場にて処理いたします。スケルトン工事や原状回復といった工事から収集運搬、処分まで一括内製化することによりコストダウンにつなげています。

本社工場にあるプラントでは、廃棄物からRPF(固形燃料)を製造しています。RPF(固形燃料)は石炭の代替品として製紙工場の燃料として使用されています。

自社の収集運搬許可車両で産業廃棄物を運搬

上記と同様に産業廃棄物の収集運搬も収集運搬の許可を取得している業者に委託をしなければなりません。
フェイスグループ(株式会社フェイス)では自社で収集運搬許可車両を保有し、スケルトン工事や原状回復の工事現場から処分場まで自社の収集運搬許可車両で産業廃棄物を運搬致します。

東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・茨城の各都県発行の収集運搬許可を取得しており、関東一円どの現場にもご対応できます。

自社の職人によるスケルトン工事や原状回復作業

創業28周年で培った自社の優秀な職人が、丁寧かつスピーディーに作業いたします。それにより、外注に依頼するよりも大幅なコストカットとなります。自社の職人が、解体から復旧工事まで自社施工!

解体工事から仕上工事まで内製化による一括工事でコストダウン

0120-756-776
ご相談・お問い合わせ

Copyright ©家屋解体スケルトン工事・原状回復のフェイス