埼玉や東京のスケルトン工事・原状回復の株式会社フェイス

埼玉県所沢市の間仕切り壁部分解体、床フローリング材剥がし

施工実績

工事の概要

所在地:埼玉県所沢市

建物概要:内装解体 アパート・マンション 

建物概要:間仕切り壁部分解体、床フローリング材剥がし

工期:1日

担当:折田

マンションの一室の内装プチ解体工事を行いました。
新しく住まわれ方の希望で間取りを替える工事でした。

撤去の壁を残しの壁を傷付けないように壊してフローリングは前に1度リフォームしてあり、元々のフローリングの上に増し張りで今のフローリングがのっている状態で下のフローリング材を残して上のフローリング材だけ剥がして欲しいのと事だったので中々大変な作業でした。

どこが大変だったかというとフローリング材を固定している接着剤とフローリング材の裏に着いているスポンジが剥がれきれずに残ってしまいそれを剥がすのが苦労しました。

普段でしたら電動ハンマにスクレーパーを付けて剥がすかカッタースクレーパーで剥がすかするのですがそうすると残す昔のフローリング材までボコボコにしてしまうため使うことができません。
そこで考えたのがマルチツールと呼ばれる電動工具に専用刃を付けて剥がして行き、気付いたら大工さんと監督さんの3人がかりで剥がしきりました。

工事着工前です。

工事着工前です。

フローリング撤去後の写真です。スポンジが全面残ってしまっています。

フローリング撤去後の写真です。スポンジが全面残ってしまっています。

マルチツールです。

マルチツールです。

マルチツールで下のフローリングを傷つけずにスポンジを除去していきます。

マルチツールで下のフローリングを傷つけずにスポンジを除去していきます。

マルチツールによる除去状況です。

マルチツールによる除去状況です。

除去完了です。株式会社フェイスではこのような細かい特殊な仕事も対応致します。

除去完了です。株式会社フェイスではこのような細かい特殊な仕事も対応致します。
0120-756-776
ご相談・お問い合わせ

Copyright ©家屋解体スケルトン工事・原状回復のフェイス