埼玉や東京のスケルトン工事・原状回復の株式会社フェイス

美容院原状回復工事

施工実績

工事の概要

所在地:東京都品川区

建物概要:美容院・ネイルサロン 

建物概要:美容院原状回復工事

工期:10日間

担当:西

ホームページからお問い合わせをいただきました。

約20年営業された東京都品川区の美容院を閉店して原状回復工事を検討されているお客様でした。
3社に見積もりを依頼していたそうですが、ありがたいことに弊社を選んでいただきました。

最初の現地調査の段階では、賃貸借契約書の内容確認やビル側とのお打合せは出来なかった為、資料の用意とビル側との現地打合せの場を設けていただきました。

ビル側とのお打合せを経て細部まで施工内容が明確になり、弊社としても不安要素がなくなったため最初に提出したお見積りからお値引きをさせていただきました。

工事にかかる日数をお伝えして、お引き渡しの期日と逆算してギリギリまで営業日を設けられるようにお客様とお打合せをさせていただき、工事にかかる日数も工程を工夫して出来るだけ短い工程を計画しました。
閉店後の片付け作業や必要な物の引取りをする日も考え、まとめて廃棄した方が良いか、お客様ご自身で処分された方が良いか等、スケジュールと合わせて細かいところまで都度ご相談をいただきながらお客様にとって最善の方法をご提案させていただきました。

いつも残置物に関しては最後まで正確な量が決まらないケースはよくありますが、フェイスグループでは埼玉県に自社中間処分場がある為、急な残置物の廃棄のご依頼も迅速に対応できます。

工事は順調に進み、ビル側との完了検査も無事に終わりお引き渡しとなりました。

1日でも多く営業していただき、最短の工程で無事にお引き渡しをする為に株式会社フェイスではお客様のご要望に応えられるよう日々作業の効率化やお客様目線での営業を心がけております。

まず内装解体から始まります。美容室で取り付けたミラーやカウンター、間仕切り壁を解体していきます。

まず内装解体から始まります。美容室で取り付けたミラーやカウンター、間仕切り壁を解体していきます。

残しの壁面を傷めないように丁寧に解体をしていきます。

残しの壁面を傷めないように丁寧に解体をしていきます。

天井材の岩綿吸音板の部分撤去です。テナントで増設したダウンライドの穴が開けられた部分を貼り替える為に、既存の天井を傷つけないように補修箇所だけを剥がします。

天井材の岩綿吸音板の部分撤去です。テナントで増設したダウンライドの穴が開けられた部分を貼り替える為に、既存の天井を傷つけないように補修箇所だけを剥がします。

内装解体が完了してこれから復旧工事に取り掛かります。

内装解体が完了してこれから復旧工事に取り掛かります。

天井の塗装をしています。複数回塗ることで既存部と補修部は見分けが付かないです。

天井の塗装をしています。複数回塗ることで既存部と補修部は見分けが付かないです。

勝手口のドアの塗装です。既存の色に合わせて調色して塗っていきます。

勝手口のドアの塗装です。既存の色に合わせて調色して塗っていきます。

ガラスにヒビが入っていた為ガラス交換工事を行います。既存ガラスを丁寧に取り外します。

ガラスにヒビが入っていた為ガラス交換工事を行います。既存ガラスを丁寧に取り外します。

壁面にクロスを貼る為の下地処理でパテ処理を施しました。

壁面にクロスを貼る為の下地処理でパテ処理を施しました。

クロス工事が完了しました。完成が近づいてきました。

クロス工事が完了しました。完成が近づいてきました。

バルコニーの汚れが目立っていたので、サービスでクリーニングを行いました。

バルコニーの汚れが目立っていたので、サービスでクリーニングを行いました。

タイルカーペットを貼る為の糊を塗っていきます。

タイルカーペットを貼る為の糊を塗っていきます。

糊が透明になった頃が貼り時です。一度に全面に塗ってしまっては乾いてしまう場所が出る為、区分けして作業を行います。

糊が透明になった頃が貼り時です。一度に全面に塗ってしまっては乾いてしまう場所が出る為、区分けして作業を行います。

トイレ区画と給湯室の床はCFシートを貼り替えました。

トイレ区画と給湯室の床はCFシートを貼り替えました。

新規でミニキッチンを取付ました。

新規でミニキッチンを取付ました。

最後に蛍光灯の管球を交換します。

最後に蛍光灯の管球を交換します。

完了です。新しい事務所仕様の物件に生まれ変わりました。

完了です。新しい事務所仕様の物件に生まれ変わりました。
0120-756-776
ご相談・お問い合わせ

Copyright ©家屋解体スケルトン工事・原状回復のフェイス