埼玉や東京のスケルトン工事・原状回復の株式会社フェイス

大学の研究室の天井解体、間仕切り壁解体

施工実績

工事の概要

所在地:埼玉県所沢市

建物概要:内装解体 学習塾・保育園 その他 

建物概要:天井解体、間仕切り壁解体

工期:2日間

担当:折田

大学の研究室内の天井解体と一部間仕切りと壁解体を行いました。
当初、ボード一枚張りの天井の予定でしたが改修工事をしたのかもう一枚増し張りされていました。
こうした場合、廃石膏ボードの量が倍出てしまうので監督さんに確認してもらい追加の処分料をもらいます。
解体工事では壊してみないとわからない所が多々あり、追加料金が発生してしまいお客様とのトラブルの原因になってしまいます。通常見積もりは現地による目視調査でおこないますがやはり見るだけでは建物内部の様子はわからないので建物を建てたときの図面や改修・リフォームを行ったときの図面を残しておくとより正確な見積もりが出せてトラブルを防ぐ事が出来ます。

搬出は共用部の廊下を通って行う予定でしたが現場の研究室から出れるバルコニー部からロープを使い吊って降ろすことが出来て搬出人数を抑えることが出来ました。

部分解体前

部分解体前

養生後

養生後

天井解体

天井解体

解体後

解体後
0120-756-776
ご相談・お問い合わせ

Copyright ©家屋解体スケルトン工事・原状回復のフェイス