スレート鉄骨造倉庫4棟、鉄骨造キャノピー解体工事

埼玉県入間市のスレート鉄骨造倉庫4棟、鉄骨造キャノピー解体工事

株式会社フェイスがこれまでに行ってきた解体工事実績の一部をご紹介致します

工事の概要

所在地:埼玉県入間市

建物概要:倉庫・ガレージ解体 軽量鉄骨 その他 

建物概要:スレート鉄骨造倉庫4棟、鉄骨造キャノピー解体工事

工期:7日間

担当:折田

運送会社さんの使わなくなった倉庫の解体工事を行いました。
屋根と外壁にスレート板を使用していたため手作業による撤去になります。

昔のスレート板にはアスベストが含有しているのがほとんどの為重機で壊してしまうとスレート板が割れて中のアスベストが飛散してしまうため、必ずボルトナットで取り外して割らないように間物で撤去行います。また、運搬中も飛散しないようにブルーシート又はフレコンバックで梱包して搬出します。

基礎解体は残しの埋設配管がすぐそばを走っていたため小型のユンボで慎重に行いました。
整地してこのあと土建屋さんが入って舗装してトラックの駐車場になる予定です。

着工前全景です。手前が鉄骨造キャノピーです。奥がスレート倉庫になります。

着工前全景です。手前が鉄骨造キャノピーです。奥がスレート倉庫になります。

着工前スレート倉庫です。

着工前スレート倉庫です。

スレートを手作業で取り外していきます。防塵マスクと安全帯は欠かせません。

スレートを手作業で取り外していきます。防塵マスクと安全帯は欠かせません。

作業区画内立ち入り禁止措置と石綿除去(レベル3)の標識を掲示します。

作業区画内立ち入り禁止措置と石綿除去(レベル3)の標識を掲示します。

スレートの撤去が完了したので重機解体に入ります。

スレートの撤去が完了したので重機解体に入ります。

ペンチャー(鉄骨カッター)という什重機のアタッチメントを使用して解体していきます。

ペンチャー(鉄骨カッター)という什重機のアタッチメントを使用して解体していきます。

解体した基礎を小割していきます。大きいコンクリートガラを細かくして処分費を削減します。

解体した基礎を小割していきます。大きいコンクリートガラを細かくして処分費を削減します。

残しの埋設配管周りをミニユンボで慎重に作業します。

残しの埋設配管周りをミニユンボで慎重に作業します。

キャノピーの基礎撤去状況です。

キャノピーの基礎撤去状況です。

残しの舗装部分との境はカッターを入れて撤去します。

残しの舗装部分との境はカッターを入れて撤去します。

整地作業中です。

整地作業中です。

無事完了です。このあとは土建屋さんにバトンタッチしてトラックの駐車場になります。

無事完了です。このあとは土建屋さんにバトンタッチしてトラックの駐車場になります。
ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube