埼玉県所沢市のコンクリートブロック塀撤去、看板撤去

コンクリートブロック塀撤去、看板撤去

株式会社フェイスがこれまでに行ってきた解体工事実績の一部をご紹介致します

工事の概要

所在地:埼玉県所沢市

建物概要:プチ解体 その他 

建物概要:コンクリートブロック塀撤去、看板撤去

工期:半日

担当:折田

所沢市内にてブロック塀の撤去を行いました。隣が新築のアパートということもあり、慎重に作業を行いました。

このブロック塀は手前と奥が先に作られて、後から真ん中の部分を作り足したような感じで、強度に違いがありました。手前と奥は古いせいか脆くて鉄筋も少ない作りでベース基礎も薄かったのに対し、新しい部分はベースからブロックにかけて鉄筋がちゃんと入っていて頑丈でした。そのため場所に応じて重機を操る力加減も調整する必要があり、脆い部分を力一杯に壊してしまうと塀がよじれて、新築の方に倒れる恐れもあり、新しいところはある程度力をかけなければびくともしない場合があります。

フェイスグループでは重機の資格を保有した経験豊富な自社スタッフがオペレーターとして現場に入るので操作ミスによる隣地への接触、損害事故などはほとんど起こることはありません。
また、解体に必要な機材、重機、車両は自社保有のためリース代等費用を抑えることが出来ます。

大阪で起きたブロック塀倒壊事故を受けて、ブロック塀の強度や耐震性が全国的に見直されていますので今後改修工事が多くなると思われますが、いい加減な解体業者に依頼をすると余計なところまで壊してしまったり、近隣に迷惑をかけてトラブルを発生させてしまったりします。
その点フェイスグループでは自社スタッフに熟練オペレーターと経験豊富な職長が在籍しているため、お客様は安心して作業を任せることが出来ます。
ブロック塀解体等プチ解体もフェイスグループまでお問い合わせ下さい!

ブロック塀解体施工前です。ブロック塀の両サイドと真ん中が色が違い、真ん中部分のブロック塀が新しく作られた塀だと分かります。

ブロック塀解体施工前です。ブロック塀の両サイドと真ん中が色が違い、真ん中部分のブロック塀が新しく作られた塀だと分かります。

均して解体完了です。お隣の新築に接触しない様注意して作業を行いました。

均して解体完了です。お隣の新築に接触しない様注意して作業を行いました。

看板の撤去工事も完了し、立ち入り禁止として単管パイプを立ててトラロープを張りました。

看板の撤去工事も完了し、立ち入り禁止として単管パイプを立ててトラロープを張りました。
ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり
ご相談・お見積もり
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube