家屋解体や内装解体・原状回復・スケルトン工事の分からないが分かる「解体の教科書」

鉄骨/鉄筋の住宅解体工事を依頼する前に知っておくべき主な4つの近隣トラブル

鉄骨/鉄筋の住宅解体工事を依頼する前に知っておくべき主な4つの近隣トラブル

鉄骨/鉄筋の住宅解体工事を依頼する前に知っておくべき主な近隣トラブル

住宅解体にあたってはさまざまな問題が生じることもあり、近隣住民との間にトラブルを招くケースも少なくありません。
特に近年は鉄骨/鉄筋造りの住宅も増えており、こうした住宅解体ではトラブルの確率も比較的高くなります。
解体業者に施工を頼む前に発生しやすい近隣トラブルを知っておくことで、これらの問題を避けやすくなるでしょう。
今回は、鉄骨/鉄筋の住宅解体にあたって気をつけたい主なトラブルを4つご紹介していきます。

1.鉄骨/鉄筋の住宅解体工事時の騒音による近隣トラブル

鉄骨/鉄筋の住宅解体にあたっては、木造住宅に比べてより激しい音が発生しがちです。鉄骨造の住宅は、頑丈な鉄骨解体の際大きな振動と音が出ますし、鉄筋コンクリート構造の家屋は、コンクリートを破砕する際、やはり激しい騒音が発生します。
コンクリートを破砕する際、大割や小割など様々なブレーカーが使われますがコンクリートブレーカーで破砕する場合には、その騒音の大きさは防音シートなしの場合で99デシベル以上、防音シートがある場合でも90デシベル以上と言われています(共に5mでの距離)。
これは、5mの距離で犬に吠えられるのと同じ音の大きさで、この騒音が朝から夕方まで続くのは近隣の人にとってかなりのストレスとなるでしょう。特に、日中在宅しているような主婦や老人、在宅ワーカーにとっては、大きな苦痛のはずです。
事実、住宅解体工事による騒音トラブルは比較的頻繁に起こっており、中には訴訟に至るケースもあります。過去には、近隣住民が解体業者を相手に損害賠償を請求した結果、業者に対し賠償命令が下ったという例もあります。
また、場合によっては業者だけでなく、発注者も賠償責任を負う可能性がないとは言えません。こうした訴訟にまで至るケースは、実際には少ないものの、先例がある限り絶対に安心とは言えないでしょう。
このため、住宅解体の際は十分な騒音対策を講じておかなくてはなりません。近隣への挨拶はもちろん、低騒音型の機械を使ったり、きちんと防音シートを使用することが必須です。さらに、工事の時間帯についても気づかいが必要でしょう。
解体業者を選ぶ際は、このような点を配慮しているかをしっかり確認しておきましょう。

2.鉄骨/鉄筋の住宅解体工事時の空気汚染

鉄骨/鉄筋の住宅解体を行う際、騒音と共にどうしても発生するのが粉塵です。
重機などの機械を使って住宅を解体する際には、建物の破片が細かいチリとなって、空気中に漂いやすくなります。そうした粉塵は現場周囲にまで飛び散り、前の道を歩く人や、近隣の敷地にまで達することもあります。そうすると、呼吸とともに粉塵を吸い込んだり、あるいは洗濯物や窓がホコリで汚れたりといった被害が発生しかねません。
こうした粉塵を吸い込んだ場合、少々の程度であれば人体に害はありませんが、小さい子供やアレルギー体質の人であれば、健康に支障が出る可能性もあります。また、もしも粉塵にアスベストが混じっていたような場合、吸い込んだ人に塵肺などの深刻な健康被害を与える危険もあります。
このような粉塵の発生は、住宅解体において完全に防ぐことはできません。解体工事ではどうしても出てしまうものであり、そのため発生した粉塵を、周囲に飛散させない工夫が必要になってきます。
工事現場の周囲を養生シートで覆うことはもちろん、散水によって粉塵を飛び散らせないことも必須です。業者によっては、養生シートはしていてもシートに穴が開いていたり、散水を怠るところもあります。こうした場合はやはり近隣トラブルに発展する可能性もあるため、しっかりした粉塵対策を行っている業者を選びたいところです。

3.鉄骨/鉄筋の解体作業員のマナーの悪さによる近隣トラブル

鉄骨/鉄筋の住宅解体には、当然複数の作業員が必要になります。
きちんとした業者の場合、騒音や粉塵などの対策をしっかり行っているのはもちろん、それら作業員のマナーも行き届いているでしょう。しかし業者によっては、作業員のマナーや素行が決して良くないところも見られます。
例えば、休憩中大声で話したりタバコの吸い殻を無造作に周辺に捨てるなど、近隣の迷惑になるような行動をする作業員がいないとは限りません。
いくら騒音や粉塵の対策が取られていても、こうした素行の悪い作業員がいては、近隣の印象も悪くなるでしょう。
さらに、近隣住民が苦情や注意をしにいくと、逆に睨まれたり険悪な態度で対応されるなどのケースもあります。このような作業員が複数いれば、施工中近隣トラブルにも発展しかねません。
さらに、こうした作業員へのマイナスイメージは、解体工事の発注者にまで及ぶこともあり得ます。
こうしたトラブルを避けるためには、事前に業者の雰囲気を確かめておいた方がよいでしょう。電話だけでなく担当者と直接顔を合わせることで、現場作業員のマナーについてもある程度チェックできるはずです。言葉遣いや服装、礼儀といった部分に問題ないかどうか、しっかり確認しておきましょう。

4.害虫被害

鉄骨/鉄筋の住宅解体を行う際、もう一点気をつけておきたいのが、害虫に関する問題です。
解体を行う住宅は、長年空き家となっているケースも多くあります。こうした住宅には、ネズミやゴキブリなどの害虫が大量に棲みついていることも少なくありません。
このような場合、もしそのまま解体工事を行ってしまうと、これらの害虫が逃げ出して近隣の家に入り込んでしまうこともあります。中には、せっかく新築なのにも関わらず、隣の解体工事のせいで大量のゴキブリに逃げ込まれたという例も見られます。
こうした場合、責任の所在について話がこじれ、近隣との関係が悪化してしまうことも少なくありません。
このような問題が起こらないよう、害虫駆除を含めて相談にのってくれる解体業者に絞って見積もり依頼を行いましょう。こうした気遣いをしてくれる解体業者に依頼することで、害虫による近隣トラブルを避けることができます。