家屋解体や内装解体・原状回復・スケルトン工事の分からないが分かる「解体の教科書」

家屋解体・建物解体で起きやすい14のトラブル事例と対処方法

家屋解体・建物解体で起きやすい14のトラブル事例と対処方法

家屋解体・建物解体で起きやすいトラブル事例と対処方法

家屋解体は、多くの人や機材を必要とする大がかりな工事です。そのため、さまざまな要因によるトラブルが発生する可能性があります。
不慮の事故ややむを得ない理由によるトラブルもありますが、場合によっては適切な対処をしておくことで避けられるものも少なくありません。
また、トラブル発生時の対応法についても、事前に知っておくことで影響を最小限にとどめることができます。
ここでは、家屋解体・建物解体の際に起きやすいトラブルの事例と、その対処法について解説していきましょう。

1.解体業者との認識違い

家屋解体・建物解体では、工事の際の細かい注意点を担当者に伝えておいても、現場までしっかり伝わっていない場合があります。
解体現場では複数の人間が出入りし、その中にはアルバイトや日雇いの作業員なども含まれますから、注意事項がうまく浸透しないケースが珍しくありません。
そうした場合、本来なら残すつもりだった木を切られたり、今後も使う予定の物置を壊されるといったトラブルが起きやすくなります。そうなるともう元には戻せませんから、こうしたミスが起こらないようあらかじめ対策を取っておく必要があります。事前の要望伝達を入念に行うようにしましょう。
また、解体工事業者の担当者とコミュニケーションをしっかり取れるような解体業者を選ぶことも大切です。

2.解体工事開始の遅れによるトラブル

一口に解体業者といっても、その規模はそれぞれで大きく異なります。
小さいところだと一人だけの個人事業の業者から、社員が数十名に及ぶ大規模な業者までさまざまです。
小規模の業者の場合、一度に一軒の解体をこなすのが精一杯ということも多く、複数の現場を重複させることは難しくなっています。
そうした業者に家屋解体を依頼すると、前の現場の工事が長引いたために、こちらの工事開始が遅れてしまうというトラブルが発生することもあります。工期に余裕のないような場合、このようなトラブルはなるべく避けたいところでしょう。
そうした場合は、あらかじめある程度規模の大きな業者に依頼しておくことをお勧めします。また、工事時期がずらせないことを、事前によく説明しておくことも大切です。

3.足場を作る際の隣家への立ち入り許可

家屋解体を行う時は、隣接する建物に粉塵や破片によるダメージを与えるのを防ぐため、養生シートを張らなければなりません。
そのために足場が必要となりますが、足場を組む際、隣の敷地に立ち入らなければならない場合があります。
こうした時に、「普段からつきあいがあるので、わざわざ断らなくても大丈夫だろう」と考えるのは良くありません。いくら日頃仲良くしているといっても、勝手に敷地内に侵入されるのは、相手としても気持ちの良いものではありません。
対応を誤ると、隣家との関係が悪化してトラブルに発展する場合もありますので、解体業者から隣の住人に対して事前に立ち入る可能性があることの説明や、立ち入りの許可を得てもらうようにしましょう。

4.解体工事のミスによる隣家への損害

家屋解体においては、重機の操作ミスなど作業員の不手際で隣家に被害を与えるというトラブルも起こり得ます。
こうした解体工事中の隣家への損害は、当然、解体業者に賠償する責任があります。しかし、業者によっては、損害賠償保険に加入していないところもあるのが実情です。
このため、解体業者を選ぶ際は、事前に損害賠償保険に加入していることを確認しておく必要があります。それ以外にも、保険の限度額や、事故の適用範囲など条件の内容についても確認しておいた方がよいでしょう。

5.解体時の振動による隣家への損害

家屋解体に伴っては重機を使うことから、どうしても大きな振動が生じてしまいます。
それによって、隣家の外壁にひびが入るなどの損害を与えてしまうことも、十分考えられます。特に、鉄骨・鉄筋造りの住宅解体やコンクリートの基礎解体などの際には、かなり大きな振動が発生するためそうした危険も比較的高くなります。
このようなことが起こらないよう、良心的な業者では、事前に隣家の状態を確認したり、振動の少ない解体方法を提案するなどしてくれます。
ですから、まずはこのような丁寧な業者を選ぶことが、何より大切になります。見積もり時に工事方法について確認してみたり、トラブルが起きた場合の対応などを尋ねてみると良いでしょう。

6.工事車両の駐車状況によるトラブル

家屋解体の工事中は、作業員が乗って来る車や工事車両の駐車状況に関してもトラブルの原因となることがあります。
特に、住宅密集地の狭い路上にトラックなどを無断駐車されるのは、近所の人にとってはかなり迷惑でしょう。
こうした無許可での路上駐車は、もちろん違反行為ですから、優良な解体業者はまず行いません。やむを得ず道路に駐車しなければいけない時は、必ず道路使用許可を取るのが通常です。その際、道幅が狭く、道路をふさいでしまう様な場合は交通誘導員が必要となります。
こういった対応を行ってくれるかどうかを、解体業者に見積もりを取る際に確認しておきましょう。

7.追加料金を請求される

解体業者を選ぶ際はまず数社から見積もりを取っておくのが通常ですが、その際悪徳業者などになると、自社で見積もりを行わないところもあります。
そうした場合、まず他社の見積もり額を聞いてからより安い値段を提示するため、それを信じてしまう施主も少なくありません。
しかしこうした悪徳業者は、始めに安い値段を提示しておき、工事開始後にさまざまな理由をつけて追加費用を請求するというのが常套手段です。
また、養生をしないなど手抜き工事によるトラブルを起こす場合もあります。
このようなことから、自社で見積りをしなかったり、他社より安いことを無闇に強調するような業者は、避けた方が賢明でしょう。

8.口頭での概算見積もりによるトラブル

家屋解体を実際に依頼する前に、業者の方と一緒に現地調査を行います。
その際料金の話題となって、大体の金額を概算で伝えられることもあるでしょう。
しかし、こうした口頭による概算見積もりを、そのまま真に受けて契約するのは良くありません。
こうした見積もりには庭石や植木の撤去、家財の処分費用といったものは含まれない場合があり、結果として予想より多い金額を請求されることもあるためです。
このようなトラブルを避けるためにも、口頭だけでなく、調査後にきちんとした見積書を提出してもらうようにしましょう。
また、より正確な見積もり額を知るためにも、現地調査にはなるべく立ち会っておくことが必要です。

9.解体工事に伴うホコリ・騒音トラブル

家屋解体に伴っては、振動の他にホコリや騒音の発生も避けられません。
もちろん、通常は周囲に養生シートや防音シートを張り巡らせていますが、そうした対策をしていても、ホコリが飛散して隣家の壁や窓を汚したり、通行人に降りかかってしまうことがあります。
また、主婦や老人など昼間在宅していることが多い人にとっては、騒音の問題も気になるところでしょう。
きちんとした解体業者の場合、工事前に近隣の方々に挨拶周りをしてくれますが、そうしたことを行わない業者もあります。事前の説明や挨拶は、近隣とのトラブルを未然に防ぐ上で欠かせません。クレームなどのトラブルを予防するためにも、しっかり行っておきたいところでしょう。
また、業者だけに任せるのではなく、施主も同行して挨拶しておくのが最良です。

10.地中障害物等による追加工事の発生

家屋解体の際やっかいなのが、地中障害物等のせいで発生する追加工事です。
地中障害物とは、浄化槽や以前の建物の基礎やゴミ、瓦といったものなどで、これらが見つかると、全て撤去しなくてはなりません。放置しておくと、次に建物を建てる際、基礎工事の障害となってしまうためです。
障害物が見つかった場合は、重機での解体や分別処理などの作業が必要となり、それについての追加費用が発生します。もちろん、費用は全て施主の負担となります。こうした地中障害物を事前に予測することは難しく、しかも見つかる割合は意外に高くなっています。
こうした場合に、後で費用について業者とトラブルにならないよう、発見時の連絡や、写真による記録などを徹底してもらうよう注意しましょう。

11.解体工事業の許可がない業者

家屋解体に関して詳しくない一般の人からすると、全ての業者は認可を受けて工事を請け負っていると思いがちです。
しかし実際には、許可なく解体工事を行っている業者も少なくありません。
建物の解体工事を行う際は、建設リサイクル法に基づいた許可が必要となります。こうした許可のない業者は、無責任な工事でトラブルを招くなどの危険が高いため、要注意です。
また、許可を受けている場合でも、法律に定められた義務を怠る業者が存在するので、注意しなくてはなりません。分別解体や再資源化の実施など、適切に行っている業者を選ぶようにしましょう。
業者を選定する際は、許可証はもちろんマニフェスト(産業廃棄物管理票)の有無に関してもきちんと確認しておきましょう。

12.不法投棄

上記のように、解体業者は全てが法を遵守しているというわけでではなく、残念ながらルールを守らない業者も存在します。
時おり報道されていますが、解体工事で出た廃棄物を、山林や地中に不法投棄するという業者が後を絶ちません。
産業廃棄物の処理については、廃棄物処理法で細かく定められています。解体で発生した廃棄物は、収集・運搬して中間処理場で分別し、リサイクルするか、リサイクルできないものは最終処分場へ送られます
。解体業者は、正しい経路を経て廃棄物が処分されたことを最後に確認しなくてはなりません。この確認のための書類はマニフェストと呼ばれ、それぞれの行程で業者による記入がされた後、排出事業者(元請業者)の元へ戻されます。
トラブルなどを心配される場合には、マニフェストのコピーをもらうようにしましょう。

13.解体作業員の悪質マナー

家屋解体の際は、複数の作業員で工事にあたることになります。
礼儀正しく、品行方正にふるまう作業員が多いのはもちろんですが、中にはマナーを守らない人間も見られるようです。タバコの吸い殻を路上に捨てたり、大声でしゃべる、挨拶しないなどといった迷惑行為のために、近隣とのトラブルに発展することも少なくありません。
また、そうした行動を注意しようとしたところ、逆にすごまれたり無視されるといったこともあります。このような作業員のために、近所との関係が悪化することは避けたいところでしょう。
そのために、見積もり時の現場確認などの際は、業者のマナーについてもチェックしておいた方が良いでしょう。
時間を守れるか、服装はどうか、また挨拶はしっかりしているかなどを見ておくことで、社員やスタッフへの教育の程度も計れるはずです。

14.解体業者の都合による工期遅延

悪天候など、やむを得ない理由で工期が伸びることは珍しくありませんが、場合によっては解体業者の一方的な都合で工期が遅れるということもあります。
家屋解体に慣れていない、作業員が集まらないなど、業者側の都合による遅延は施主にとって迷惑でしかありません。特に、新しい家屋の建築や土地の売却などの予定がある場合は、不必要な工事の遅延はできるだけ避けたいところでしょう。
契約書に遅延損害金の保証が書かれていれば比較的安心ですが、単に口約束だけというケースもあるので、注意が必要です。
このようなトラブルを避けるために、工期の遅延に関する詳しい説明をしてもらえるよう、事前に取り決めておきましょう。また、家屋解体の経験が豊富な業者を選ぶことも、不要な遅延をなくすためには重要です。