家屋解体や内装解体・原状回復・スケルトン工事の分からないが分かる「解体の教科書」

家屋解体費用を格安にする5つの方法

家屋解体費用を格安にする5つの方法

家屋解体費用を格安にする方法

家主が死去したり転居するなどして空き家の状態が長くなった家屋は、急激に老朽化が進むことになります。そうした家屋は倒壊の可能性もあり、近隣への配慮から解体の必要に迫られているというケースが多くあります。一方で、そうした際に最も頭を悩ませるのが費用の問題でしょう。
当然ですが家屋解体は未経験という人がほとんどのため、費用についても不明なことばかりながらできるだけ予算は抑えたいというのが一般的な要望のはずです。では、どうすれば解体費用を抑えることができるのでしょうか。
ここでは家屋解体費用をできるだけ格安にするためのポイントを、5つ挙げて見ていきましょう。

1.繁忙期は費用が高くなるため、家屋解体は閑散期に頼むと格安に

建設業界では家屋解体に限らず、繁忙期には工事単価が高くなりがちという傾向があります。需要が伸びている時に料金が高くなるのは経済の原則ですが、逆に需要の少ない閑散期であれば比較的安い料金で請け負ってもらいやすくなります。
家屋解体においても当然繁忙期と閑散期があり、具体的な繁忙期は年末の12月から年度末の3月あたりまでとなっています。この時期は建設業界全体の繁忙期のため、それに連動して家屋解体も忙しい時期に入ります。特に公共工事を請け負っている業者の場合、施工の追い込みに入ることからより一層忙しさが増す傾向にあります。こうした時期に解体工事を依頼した場合、忙しさから断られたり料金を上乗せして見積もりされることも少なくありません。
一方、家屋解体業の閑散期は4月~6月ごろとなります。この時期は一転して全体的な仕事量が減るため、多少料金を下げてでも受注したいという業者も多く出てきます。こうした時期に家屋解体を依頼すれば、コストを格安に抑えやすくなるでしょう。

2.増税前の駆け込み需要時期を避けるのが家屋解体を格安にする秘訣

現在8%の消費税は、2019年に10%まで引き上げられる予定となっています。以前5%から8%に上がる際は、大勢が増税前に工事を済まそうとしたことで家屋解体の需要が増え、工事の単価が跳ね上がったという経緯があります。増税はただちに工事費のアップにつながるため、できれば増税前に行いたいと考えるのは自然なことでしょう。しかし、同じことを多くの人が考えると、需要が同時期に集中してどんどん工事費は高くなっていきます。そして、これと同様のことが将来の増税直前にも起こると考えられます。
こうした駆け込み需要での工事費アップを避けるために、増税直前での工事依頼は避けた方が良いでしょう。できれば、増税の一年以上前に工事を依頼しておくのが賢明です。こうした点についても、家屋解体を格安にする上では見逃せないポイントと言えます。

3.家屋解体費用の内訳を知っておく

家屋解体費用の内訳を詳しく知っておくことも、費用を格安に抑えるのに役立ちます。解体工事の費用は、大きく言って「仮設工事費用」「解体工事費用」「整地費用」「産業廃棄物処分費用」「諸経費」「営業利益」の6つに分けられます。このうち業者によって金額が大きく変わりやすいのが、「解体工事費用」と「産業廃棄物処分費用」です。解体費用に関しては、工事の日程や方法、また何人で行うのかといった要因によって請求される費用は大きく異なってきます。
例えば、日程が短くても大人数で工事を行えば、一般的に工事費は高くなってしまいます。一方産業廃棄物処分費用については、どの処理場を利用しているかで金額は変わってきます。これは各処分場によって廃棄費用が異なるためですが、比較的安い処分場を知っている業者ほど請求額も安く抑えられます。
これらの費用内訳を把握した上で、家屋解体を依頼する際は複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。それらの内容を比べて、疑問点についてはそれぞれ確認してみることで、コストをより抑えやすくなるはずです。

4.家屋解体の際、自分でできるものは自分で処分する

当然ですが、解体業者に任せる処分が増えるほど請求される費用も高くなります。それに対し、自分で処分できることは自分でやってしまうことにより、解体費用を抑えることができます。
家屋解体の際に自分で行える仕事というと、日用品や家電製品など不用品の処分が挙げられるでしょう。これらは丸ごと業者に処分を委託することもできますが、前述のようにその分費用も高くなります。
一方、これらの不用品はもちろん自分で処分することも可能です。粗大ごみとして自治体に回収してもらうこともできますし、まだ使えるものに関してはリサイクルに出すなどしてもよいでしょう。ただし、品物によっては解体業者に任せた方が安くなるものもあるため、事前に確認しておくことも必要です。

5.自分で直接家屋解体業者に依頼する

家屋解体費用を格安に抑えるための大事なポイントとして、「自分で直接解体業者に依頼する」ということも欠かせません。
家屋解体の依頼に関しては、初めての経験という人がほとんどでしょう。そのため詳しいことがわからず、つい工務店へ全てお任せにしてしまいがちです。しかし、工務店は自社で解体を行うわけではなく、関係する会社をいくつか経由して下請けの解体工事会社に仕事を発注するのが一般的となっています。こうして依頼が複数の会社にまたがることにより、中間マージンが発生して費用が割高になってしまいます。
このような無駄な費用を避けるには、自分で直接家屋解体業者に依頼するほかありません。直接依頼することにより、通常発生するかなりの額の手数料を削ることができます。
まずは前述のように複数の業者から見積もりを取り、その中からベストな会社を選びましょう。ただし、単にコストで選ぶのではなく、資格の有無など信頼性についても注意することも重要です。