家屋解体や内装解体・原状回復・スケルトン工事の分からないが分かる「解体の教科書」

解体工事を分離発注する3つのメリットと1つのデメリット

解体工事を分離発注する3つのメリットと1つのデメリット

解体工事を分離発注するメリットとデメリット

家屋解体や内装解体を行う際、ハウスメーカーや工務店に依頼して、解体工事を含めて建て替えや内装工事を一括でやってもらうというケースが多くなっています。それに対して、解体は専門の解体業者に直接依頼するという方法もあります。
こうした方法は「分離発注」と呼ばれますが、どういった特徴があるのでしょうか。今回は、解体工事を分離発注するメリットとデメリットについて、それぞれいくつかのポイントを見ていきましょう。

解体工事における分離発注とは

「分離発注」とは前述のように、施主が専門の業者に直接解体工事を発注することを言います。
家屋解体の後に建て替えなどを行う場合、解体から建築までの工事を、まとめて請け負っているハウスメーカーや工務店も多く存在します。
こうした方法は、多くの施主にとって安心感があるため、建て替えの際は一括で依頼するケースが一般的です。しかし、こうした業者は、実際は解体工事を自社で行わず、下請業者に任せるのが常態となっています。
それに対し、同じハウスメーカー等にまとめて依頼するのではなく、解体工事については専門の解体業者に依頼するのが、分離発注という方法です。
こちらは、依頼者が解体業者を自分で探し、直接発注しなければなりません。施主にとっては負担もありますが、メリットも多い方法となっています。
家屋解体に限らず、スケルトン工事や原状回復などの内装解体についても、分離発注を行うことができます。

メリット①解体工事のコストダウンが可能

解体工事を分離発注するメリットとしては、第一にコストを削減できるという点があります。
ハウスメーカーや工務店に一括で発注する場合、前述のように解体工事は自社では行わず、下請けや孫請けの業者に任せてしまうのが一般的です。
この場合元請業者と下請業者の間に中間マージンが発生し、その分の経費が見積もりに計上されるようになっています。
一方、解体工事を専門業者に分離発注すれば、この分のコストを削減することができます。解体業者に工事を直接依頼すれば、もちろん中間マージンが発生することはありません。一般的には、分離発注の方が一括発注より、20~30%ほど費用を安く抑えられると言われています。金額にすると、70~80万円ほども見積もりが安くなったという事例もあるようです。
このように、コスト面で考えると、一括発注より分離発注の方が明らかなメリットがあると言えるでしょう。

メリット②お互いの意思疎通が明確になる

分離発注の第二のメリットが、「業者との意思疎通がスムーズになる」ということです。
一括発注の場合、解体工事はほとんど下請業者が行うことは前に述べました。しかし、施主側にはそうした事情は分からないため、元請のハウスメーカーや工務店にこちらの要望を伝えます。元請業者はその要望をさらに下請に伝えるわけですが、実際の解体業者は施主と直接やり取りしていないため、何らかの齟齬が生じてしまう可能性も高くなります。
例えば、残したかった塀や植栽まで取り除かれてしまったり、逆に壊す予定だった物置等を残されてしまうということも起こりえます。
それに対して分離発注であれば、施主は業者と直接交渉することになるため、意思の疎通がよりクリアになります。
間に入る業者もなく、こちらの要望をダイレクトに伝えることができ、誤解や間違いが生じる余地も少なくなるというメリットがあります。

メリット③解体の質が上がりやすい

上記のメリットと共通しますが、分離発注の場合、「工事の質が上がりやすい」という利点もあります。
前述のように、分離発注では施主と業者が直接話し合って解体工事に臨むことができます。そのため細かい要望も伝わりやすく、細部まで気を使った工事が可能となります。
また解体工事においては、近隣への気配りも欠かせませんが、この点についても分離発注の方がメリットがあります。業者の振る舞いや身なりについて直接チェックできるため、余計なトラブルの可能性を減らしやすくなります。
一方、一括発注の場合は、施主が解体業者の質についてチェックしづらいため、近隣トラブルなど現場で問題が起こる可能性も否定できません。
また、業者のモチベーションにおいても、元請から請け負う場合と施主から直接依頼される場合では、後者の方がより責任感を持って工事に臨めるというメリットもあります。

デメリット①分離発注すると手間や時間がかかる

上のようなメリットがある一方で、解体工事の分離発注にはデメリットもあります。その一つが、手続きに関する手間や時間のロスです。
一括発注の場合、施主は解体と建築・内装を工務店などを通してまとめて契約するため、手続きの手間も最小限ですみます。
それに対し、分離発注の場合、両方の工事をそれぞれ別々の業者に依頼しなければならないため、事務手続きの時間も多くなってしまいます。
また、適切な業者探しも自分で行わなくてはなりませんから、その分の負担も大きくなります。
特に複数の解体業者に見積もり依頼を行うのであれば、一社一社と打ち合わせを行う必要も生じます。さらに、前述のような業者の質のチェックなども、全て自分で行う必要があります。慣れている場合はともかく、ほとんどの人にとってはこうした作業は初めてで、多大な労力が必要となるでしょう。
このような負担を考えると、やはり一括発注を選択するという人も少なくありません。